読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 88人
※カテゴリー別のRSSです
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2014年12月01日

貴志川線でクリスマス電車が走ります!

クリスマスが近づくにつれて、あちらこちらで飾り付けを目にしますが、和歌山電鐵貴志川線では利用者にクリスマスの雰囲気を味わっていただこうと、いちご電車・おもちゃ電車・たま電車をクリスマスバージョンに変身させたクリスマス電車が運行されます。

今回のクリスマス電車運行にあわせ、沿線にある和歌山信愛女子短期大学でインテリアデザインを学んでいる学生さん達が手作りしたクリスマスリースのヘッドマークがお披露目され、サンタクロース姿のニタマ駅長も同席しました。





製作に約2ヶ月かかったというヘッドマークは各車両をイメージされたそうで、たま、ニタマの各駅長やベル、メリークリスマスの文字等をあしらった飾り付けはすごくかわいらしいです!

リースのヘッドマークやクリスマス図柄のポスターで飾り付けられたクリスマス電車は12月25日まで運行されますので、皆様もクリスマス気分を味わいに是非ご乗車下さい!



さらに、12月21日(日)には毎年数倍のお申込がある大好評催事として、事前申込をされた方から抽選で150人の子供さん(小学生以下)におもちゃ・たま電車の中でサンタからクリスマスプレゼントが贈られます。
12月8日締切(当日消印有効)ですのでお早めにお申し込み下さい!



【12月21日のクリスマスプレゼント電車】

☆実施日
 平成26年12月21日(日)
☆対象の方
 小学生以下のお子様
☆応募方法
 往復ハガキに次の必要事項を全てご記入の上、下記宛先までお送りください。
  ●往信欄に、
   1.保護者の方の住所、氏名(ふりがな)、電話番号
   2.乗車されるお子様の名前(ふりがな)および年齢、性別(複数人可、但し小学生以下)
   3.乗車希望列車(次のうちから第1希望と第2希望をご記入ください)
    (1)貴 志 駅 10:25発→和歌山駅 10:54着(上り)「おもちゃ電車」
    (2)和歌山駅 11:18発→貴 志 駅 11:47着(下り)「おもちゃ電車」
    (3)貴 志 駅 12:55発→和歌山駅 13:24着(上り)「たま電車」
    (4)和歌山駅 13:48発→貴 志 駅 14:17着(下り)「たま電車」
    (5)貴 志 駅 14:55発→和歌山駅 15:24着(上り)「おもちゃ電車」
    (6)和歌山駅 15:48発→貴 志 駅 16:16着(下り)「おもちゃ電車」
  ●返信欄に、返信先の住所・氏名
☆集合駅
 (1)、(3)、(5)は貴志駅コンコース
 (2)、(4)、(6)は和歌山駅9番ホーム
☆ご注意
 ・乗車運賃は別途必要となります。
 ・途中駅での乗車および降車はできません。
 ・団体でのご応募はできませんのでご了承ください。
 ・車両運用上の都合等により電車が変更される場合がございます。
☆あて先
 〒640-0361 和歌山市伊太祈曽73 番地
 和歌山電鐵株式会社「クリスマスプレゼント係」
 電話: 073-478-0110
☆応募締切
 12月8日(当日消印有効)
☆抽選に漏れた方には、当日有効の1日乗車券を利用して12月22日(月)~12月25日(木)に伊太祈曽駅窓口(9:00~17:30)または貴志駅たまカフェ(9:00~17:00)まで返信ハガキをご持参くださった方に限り、ミニプレゼントを進呈いたします。(※数に限りがございます。)
☆12月21日はニタマ駅長が貴志駅にて、たま駅長代行としてプレゼント電車のお出迎え・お見送りをする予定です。

(お問い合わせ先)
  和歌山電鐵株式会社営業企画課 TEL 073-478-0110(8:30~17:30)

(和歌山電鐵ホームページ)
  http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

(文責:那賀振興局企画産業課 森本哲矢)  
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 17:20Comments(0)イベント・地域振興交通

2014年11月07日

11月9日(日)はいちご電車でJAZZを聞こう!

 9月23日に開催された「枡酒列車in 貴志川線」をこのブログ(枡酒列車in 貴志川線(9/23))で紹介しましたが、11月9日(日)にはJAZZの音色が貴志川線のいちご電車に響きますik_20

 このイベントは、県立粉河高等学校の文化クラブであるKLB(粉河ラテンバンド)の皆さんがジャズを通じて学校がある地元・紀の川市を走る貴志川線を応援しようとの思いから、貴志川線の永続に向け展開中の利用促進キャンペーン「チャレンジ250万人 あと4回多く乗って永続させよう」の一環として実現したものです。

 曲目は「レッツ・ダンス(ベニー・グッドマン)」や「イン・ザ・ムード(グレン・ミラー)」など往年のジャズスタンダードや秋らしく「枯葉(シャンソンをジャズにアレンジ)」やラテンナンバー、貴志川線ならではの「A列車で行こう(デューク・エリントン)」他、盛りだくさんの内容となっており、貸切電車ですのでじっくり演奏を楽しんで頂けますik_06

 また、和歌山駅では普段乗降に使われない線路に停車するので、音楽ファンだけでなく鉄道ファンの方も満足頂けると思います。

 まだ参加可能だそうですのでお早めにお申し込み下さいik_20



【チャレンジ250万人応援!「JAZZ トレインin 貴志川線 ~A列車で行こう!~」】
 主 催:和歌山電鐵株式会社
 演 奏:和歌山県立粉河高等学校KLB(粉河ラテンバンド)
 協 力:貴志川線の未来をつくる会
 後 援:貴志川線運営委員会

(開催日)
  平成26年11月9日(日)
(集合場所・時間)
  和歌山電鐵貴志川線 伊太祈曽駅 13時10分
(行程)
  伊太祈曽駅発(13時23分)→和歌山駅(約1時間20分停車)→伊太祈曽駅着(15時17分)
(ご注意)
 ※集合駅までの運賃と伊太祈曽~和歌山の往復運賃(大人:580円)が必要です
 ※参加条件:チャレンジ250万人祈念「あと4回きっぷ」(680円)をご購入いただいた方(中学生以上)

(お問い合わせ・お申込み先)
  和歌山電鐵㈱営業企画課 073-478-0110

(和歌山電鐵(株)ホームページ)
  http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

(文責:那賀振興局企画産業課 森本哲矢)   
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 09:08Comments(0)地域情報交通

2014年10月27日

11月3日は「貴志川線祭り」へ行こう!

 貴志川線沿線では様々なイベントが行われていますが、11月3日(月・祝)に「第8回貴志川線祭り」(主催:貴志川線運営委員会、協力:たまぷらざ貴志川、きみの音楽ネットワーク)が開かれます。

(写真は昨年の様子です)





 このイベントはこれまで無事に電車が運行されてきたことを感謝するとともに、これからも安全に末永く利用されることを願って開催されており、今年で8回目となります。

 今回は沿線で利用促進の取組を行っている「貴志川線の未来を“つくる”会」結成10周年記念として位置づけられています。

 当日は伊太祁曽神社、伊太祈曽駅においてステージイベントや各種催しが繰り広げられる他、貴志駅サテライト会場(たまぷらざ貴志川)では「Hopiちゃん」こと奥村政喜さんのピアノジャズライブが行われます。


(提供:きみの音楽ネットワーク)

 盛りだくさんの内容となっていますので、皆様、是非貴志川線に乗ってお越し下さい!


「第8回貴志川線祭り」
日時:11月3日(月・祝) 10:30~15:00
会場:伊太祁曽神社、伊太祈曽駅、貴志駅(たまぷらざ貴志川)、和歌山駅
   (和歌山駅はキッズクイズラリーポイントのみ設置)

【伊太祁曽神社会場】
<ステージイベント>
○粉河高校ラテンバンドKLBによる演奏(13:00~13:30)
○めざせ!駅長とツーショット!撮影会 参加権争奪じゃんけん大会
 (「あと4回きっぷ」購入の方対象。(たま)12:30、(ニタマ)13:30)
○阿波踊り(14:00~)

<境内催事>
○子ども広場(当てもの、綿菓子、ヨーヨーつり、スーパーボールすくい 等)
○わくわく鉄道模型展示
○大人気!ミニいちごトレイン(無料)
○貴志川線の未来をつくる会 歩み展

【伊太祈曽駅会場】
○きいちゃん電車の洗車体験(定員制)
○軌道モーターカーの乗車体験(定員制)※中学生以下
○定期検査場の見学(定員制)
○オリジナルヘッドマークをつくろう ※小学生以下
○きみも運転士(制服・制帽、運転台見学)※小学生以下
○電車を下からのぞいてみよう
○レール運搬トローリーの展示
○和歌山電鐵ブース(グッズ販売)
○電車パネル撮影コーナー

 伊太祈曽会場には様々な屋台(食べもの、飲みもの、ゲーム、体験ほか)や観光、国体PRブースも並びます。
 さらに、小学生以下の子どもさん限定でキッズクイズラリー(会場巡りクイズラリー)も行われ、全問正解者にはミニプレゼントがあるそうです!

【貴志駅サテライト会場(たまぷらざ貴志川)】
○ジャズピアノライブ(10:50~14:40、毎時20分、50分からスタート。無料)
「Hopiちゃん」こと奥村政喜さんによるジャズピアノライブが行われます。

 奥村さんの本業はジュエリーデザインですが、6才よりクラシックピアノを、高校からは独学でジャズピアノと作曲を始めるなど音楽に造詣が深く、その他イラストを描いたりとマルチに活動されています。
 Hopiちゃんの素晴らしいピアノライブをお楽しみ下さい。    


※会場周辺に駐車場はございません。便利な貴志川線をご利用の上お越しください。
※雨天等の事情により、中止またはイベント内容を変更する場合があります。

(文責:那賀振興局企画産業課 森本哲矢)   
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 14:45Comments(0)イベント・地域振興地域情報交通

2014年10月01日

枡酒列車in 貴志川線(9/23)

 9月14日から12月13日まで、「和歌山デスティネーションキャンペーン」期間として県内では様々な催しが行われています。

 デスティネーションキャンペーン開催記念企画のひとつとして、9月23日(火)に和歌山電鐵貴志川線で「枡酒列車in 貴志川線」が開催されましたのでリポートします。

 「枡酒列車」は、地域の魅力発信やローカル鉄道の活性化を図ることを目的に全国の地方鉄道11社が9月から10月にかけ全国一斉に開催しており、沿線の風景を楽しみながら各地域の料理と地酒を日本伝統の「枡(ます)」で味わうものです。
 貴志川線では枡酒列車の会場として「いちご電車」が用意され、特製のヘッドマークが取り付けられました。
 まるまる1編成を貸切の臨時列車として運行するのは和歌山電鐵で初めてだそうです。



 集合場所の伊太祈曽駅に向かうと、受付は県内外から参加された約40名のお客様でごったがえしていました。
 中には和服を着たお客様もいて、華やかなムードでした。



 電車に乗り込むと乗客ひとり一人に特製の枡が配られ、さっそく日本酒の試飲がはじまりました。
 今回は和歌山市内の酒造メーカー4社((株)世界一統・天長島村酒造(株)・祝砲酒造(株)・田端酒造(株))協力のもと、各酒蔵自慢のお酒がお客様にふるまわれました。
 枡はイベント終了後、お土産として持ち帰ることができました。

10時24分に伊太祈曽駅を出発、和歌山駅に向かいます。
秋晴れののどかな景色を眺めながら、皆さん枡酒を手に「乾杯~!」。
沿線では運行情報をキャッチした鉄道ファンが写真を撮っている姿もみられました。



 電車はやがて和歌山駅に到着。駅構内には2本線路があるのですが、今回はホームから離れた側の線路に止まりました。
 ホーム側には通常運行の電車が発着していますので、たまたま通常運行の電車に乗り合わせたお客様は隣りに賑やかな電車が止まっているのでびっくりされたと思います。



 和歌山駅に到着してからお昼ごはんの時間となりましたが、電車の旅ということで特製のお弁当が出てきました。
 このお弁当はデスティネーションキャンペーンにあわせ、フードスタイリストとして活躍されている飯島奈美さんプロデュース、(株)和歌山水了軒が販売されている「和みわかやま駅弁 めはり寿司弁当」で、大きなめはり寿司や梅酢アジフライ等和歌山の幸がてんこもりです。

 デザートには貴志川線名物「たままんじゅう」を作っている紫香庵(和歌山市)特製のスイーツも登場し、大満足のお昼ごはんでした。



 さらにアコーディオンによる演奏も行われ、軽快な音色にあわせて懐かしの曲を皆さんで歌っていました。



やがて電車は和歌山駅を出発し、12時17分に伊太祈曽駅へ戻ってきました。
お客様は酔いも手伝ってかニコニコ顔で帰られました。

 記念企画として身も心も大満足の電車が走りましたが、貴志川線とその沿線には楽しめるスポットがたくさんありますので、皆様貴志川線に乗って是非お越し下さい!



(文責:那賀振興局企画産業課 森本哲矢)   
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 09:26Comments(0)イベント・地域振興地域情報交通

2014年08月08日

なんばパークスとなんばCITYで「高野山カフェinなんば」が開催中!!

南海電鉄と高野山真言宗総本山金剛峯寺とで主催する「高野山カフェ」が、平成26年8月1日~8月31日の間、なんばパークスとなんばCITYにおいて実施されますik_20


高野山カフェinなんばHP


高野山カフェとは、都心で気軽に高野山を体験できる期間限定イベントとして、平成19年から継続的に東京で開催されているイベントで、都会の若い女性を中心に好評を得ています。
今回、なんばでの開催は、初とのことです。


内容としては、
・参加店舗で高野山をテーマにしたメニューや商品の展開
・高野山関連グッズの販売
・高野山を体感できる様々な体験イベント
・法具や法衣の「高野山特別展示」
・高野山旅行券やグッズを抽選でプレゼント
・FM802の番組で高野山の魅力発信

が用意されていますface01


8月3日、実際に行ってきましたので、レポートします。
12:00~行われたのが、高野山の僧侶による「声明ライブ」です。声明とはお経に旋律をつけて唱える密教声楽です。
こちらは、自由観覧だったので、多くの方が足を止めていました。


その後13:00~は、こうやくん撮影会が行われました。一緒に登場して高野山のおみやげ品などを紹介してくださったのは、高野山にある「角濱ごまとうふ総本舗」の方です。


会場の各店舗では、来年が高野山開創1200年であることにちなんで、高野山をテーマにしたメニューが期間限定で提供されています。店舗の前には、立て札が立っていました。



その他、法具・法衣の展示高野山のおみやげ物販売コーナー一人一文字ずつ写経をする「絆写経」もありました。まさに、なんばにいながら、「高野山」を感じられる催しとなっていました。




この他、体験イベントとして「話してスッキリ!なんばで僧侶と語ろう!」「阿字観」体験など、盛りだくさんです。
みなさんも、なんばで高野山を感じてみてくださいface02
そして、ぜひ実際に高野山も訪れてみてくださいね。



<参考>
高野山カフェinなんばHP

高野山カフェHPhttp://www.nankaikoya.jp/cafe/


文責 伊都振興局企画産業課 岡 靖二  
Posted by 伊都・橋本広報 at 17:55Comments(0)交通グルメ・レストラン

2014年07月02日

7/1南海高野線極楽橋駅に「風鈴トンネル」が登場!!

平成26年7月1日日本でも数少ない登山鉄道 の1つである「南海電気鉄道・高野線」の終着駅である極楽橋駅風鈴トンネルが登場しましたik_20




この風鈴トンネルは、極楽橋駅内の電車からケーブルカーに乗り換える通路に設置されています。
駅中に風鈴の涼やかな音色が響き渡り、耳で楽しむこともできるし、風鈴には色とりどりの短冊が付けられており、目でも楽しむことができますface02
この短冊には、沿線の小学生・幼稚園児のみなさんの願い事が書かれています。
駅舎内には、7月1日から8月17日の間、利用者が短冊に記入できるスペースも設置されており、記入した短冊も飾ってもらえるそうです。


駅前には、駅の名前の由来である極楽橋があります。

極楽橋から女人堂(高野山が女人禁制だったために設置された女性のための参籠所)へと通じる不動坂は、江戸時代から昭和初期にかけ高野山参詣道として大いに賑わい、現在もハイキングコースとなっていますが、現在は昨年の台風18号被害のため通行不可能となっていますので、ご留意ください。


みなさまも、涼を求めに、南海高野線極楽橋駅を訪れてみてはいかがでしょうか。
風鈴トンネルの設置は、8月31日までです。


この日は、「天空」と「こうや」を両方見ることができました。
電車好きの方々にもお勧めのスポットです。



(昨年の様子)
涼を求めに来ませんか~世界遺産・高野 登山鉄道in極楽橋駅~(2013年8月8日)


文責 伊都振興局企画産業課 鍵本 典子  
Posted by 伊都・橋本広報 at 17:53Comments(0)交通

2014年06月25日

6/24JR中飯降駅にて紀北農芸高校生徒が描いた絵画をお披露目!!(駅舎ペインティング)

平成26年6月24日、かつらぎ町内にあるJR中飯降駅に紀北農芸高校の生徒が描いた絵画が贈呈され、お披露目会が開催されましたik_20
これは、JR和歌山線の沿線地方公共団体と交通事業者で構成する、和歌山線活性化検討委員会による企画「駅舎ペインティング」によるものです。


こちらがお披露目の様子です。





絵画は紀北農芸高校の生徒会と農業クラブの皆さんによって描かれたもので、かつらぎ町の特産品、花や木をモチーフに四季折々を表現した作品で、春夏秋冬ごとに各1枚、全4枚からなる作品です。JR中飯降駅のホームに飾られます。
写真は「夏」の作品です。夏にかつらぎ町で生産される、スイカやナスが紀の川とともに描かれています。
生徒会長さんにお話を伺ったところ、「何を描くかは自分たちで考えて決めた。美術部がないため絵に自信はないが、多くの人に見てもらいたいです。」と話してくれました。



「駅舎ペインティング」は、既に6駅(6校)で完成しています。今後も、高野口駅(伊都高校)をはじめ、どんどん増えていく予定です。
今から楽しみですね。

JR和歌山線に乗車の際は、ぜひ、車窓から、又は駅に降り立って、駅舎ペインティングをご覧くださいface02



【完成済の6駅(6校)】
隅田駅(橋本市立隅田中学校)
橋本駅(橋本高校)
紀伊山田駅(紀北工業高校)
粉河駅(粉河高校)
岩出駅(那賀高校)
紀伊小倉駅(和歌山高校)



(文責:伊都振興局企画産業課 鍵本 典子)   
Posted by 伊都・橋本広報 at 15:06Comments(0)イベント・地域振興地域情報交通

2014年06月19日

6/16一般国道371号「橋本バイパス」の暫定供用が開始されました!!

平成26年6月16日(月)、一般国道371号「橋本バイパス」が、橋本市三石台~東家間約3kmで暫定供用が開始されましたik_20

一般国道371号は、大阪府河内長野市を起点とし、和歌山県東牟婁郡串本町に至る延長約240kmの幹線道路です。
橋本バイパスは、一般国道371号の交通混雑を解消し、京阪神地域への交通の円滑化を図り、府県間の連携強化に大きく寄与することを目的とした道路です。





当日、現場を見に行ってきましたのでレポートです。
供用が開始される前の写真です。現場は京奈和自動車道の橋本ICを降りてすぐのところにあります。

バリケードの向こうに真新しい道路が見えています。

15:00供用開始時間です。
セレモニー等はなされず、バリケードが取り外されました。

バリケード開放と同時に、数台の自動車が道路を通行していきました。
供用開始を待っていたのでしょうか。


私も実際走ってみました。

幅員は25mもあり、両側に4.5mの歩道もあり、広々とした道路です。
早速歩道をウォーキングされている団体もいました。



現道は、通過交通と地域内交通が集中し、朝夕の通学・通勤時間帯を中心に混雑が発生していますが、バイパスが整備されることによりかなり解消されることと思います。


文責 伊都振興局企画産業課 鍵本 典子

  
Posted by 伊都・橋本広報 at 11:46Comments(0)交通

2014年06月09日

貴志川線に乗ってじゃがいも掘り

 6月8日(日)に和歌山電鐵貴志川線「甘露寺前」駅近くの畑で、じゃがいも掘りイベントが開催されました。
 このイベントは「貴志川線の未来を“つくる”会」と「和歌山電鐵(株)」が主催されており、今年で7回目となります。
 美味しいじゃがいもがたくさん収穫できると評判のイベントで、約450名の参加があったそうです。

 集合時間が近づくと、甘露寺前駅に到着した電車から参加者が続々と降り立ち、集合場所の西貴志保育所前に向かって歩いて行きます。駅や受付は大賑わいです。



 「“つくる”会」濱口代表によるあいさつの後、スタッフの誘導で会場の畑へ向かいます。
 畑は地元で農地・水・環境保全に取り組んでおられる「長原北・鳥居地域資源保全会」協力のもと、丹精込めて育ててこられたそうです。



 土を掘っていくと大きなじゃがいもがゴロゴロと出てきて、畑のあちこちから歓声が上がります。
 今年も立派なじゃがいもがたくさん出来たようです。




 収穫の後は蒸かしいものサービスもあり、皆さんほくほくのじゃがいもを味わい、ビニール袋いっぱいのじゃがいもをお土産に帰っていきました。



 貴志川線沿線では今後も楽しいイベントが予定されていますので、皆様ぜひ貴志川線に乗ってお越し下さい!

(文責:那賀振興局企画産業課 森本哲矢)   
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 17:31Comments(0)イベント・地域振興交通

2014年04月21日

JR和歌山線駅舎ペインティング

JR和歌山線に乗っていると、駅舎でユニークなペインティングを見かけることがあります。
この「駅舎ペインティング」は、沿線にある高校の生徒さんの協力により和歌山線を「明るく・楽しく」する取り組みの一環として和歌山線活性化検討委員会(※)が平成25年度から始めました。

(※)和歌山線活性化検討委員会
JR和歌山線の沿線自治体(和歌山市・橋本市・紀の川市・岩出市・かつらぎ町・和歌山県)と交通事業者(JR西日本和歌山支社)が一体となり、地域振興の観点からJR和歌山線を活性化させる目的で活動しています。


那賀地域では岩出駅粉河駅で、それぞれ那賀高校粉河高校の美術部の皆さんが制作に取り組み、平成26年3月に粉河駅の、4月には岩出駅の作品が相次いでお披露目されました。

4月17日に岩出駅で開かれたお披露目会には、同月にデビューしたばかりのJR和歌山線マスコットキャラクター「わっふる」も駆けつけ、完成を祝いましたik_20



粉河駅の作品は、紀の川市の鳥であるウグイスと紀州三大祭の一つ「粉河祭」のだんじり、そして紀の川市が誇る柿やはっさく、イチジク、キウイフルーツといった、おいしそうなフルーツが描かれています。





岩出駅の作品は、岩出市が誇る「根来寺」の大塔と、那賀高校の生徒さんの姿が描かれていて、作品左側の缶から流れ落ちた黄色いペンキがベンチの上で「IWADE CITY」という文字になっています。




それぞれ地域の特産を上手に活かし、個性的な作品に仕上げられています。
みなさんもJR和歌山線に乗って生徒さん達の力作をご覧下さいface02

(文責:那賀振興局企画産業課 東沙也加)  
Posted by 那賀振興局企画産業課H at 09:40Comments(0)地域情報交通