読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 87人
※カテゴリー別のRSSです
和歌山県公式facebookページ わかやま観光情報 プレミア和歌山 わいわい市場 わかやま紀州館・和歌山県アンテナショップ わかやまイベントボード 人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
ページランク
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
QRコード
QRCODE
プロフィール
広報ブログ編集長
広報ブログ編集長
和歌山県広報課です。
和歌山県の観光・食・文化・自然・産業などの魅力を発信しています。和歌山のホットな情報をタイムリーに提供していきます。
もちろん、リンクフリーですのでどんどん広めて下さい!

なおコメントに対する返信は原則として行いませんので、あしからずご了承ください。
<和歌山県ソーシャルメディア運用ポリシー>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/snspolicy.html

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2011年12月14日

ランキング情報サイト「となりの芝生」都道府県ランキング満載!

ブログ編集長です。

とある方から教えてもらった、さまざまなランキング情報が掲載されているサイト「となりの芝生」をご紹介します。

このサイトには、暮らし・お金・教育・娯楽など、さまざまなランキングを掲載していますが、都道府県別のランキングがとても充実しています。

大項目が次の16に分かれていて、その下に中項目、小項目とありますので、膨大なランキングデータです。
人口・世帯国土・気象地方自治住環境教育文化・スポーツ家計生活健康・医療福祉・社会保障仕事防犯・防災産業生鮮食品加工食品飲料品

私は、以前食品流通課で和歌山の食品をPRする仕事をしていましたので、どうしても最後の3つの食品関係に興味が沸きます。出展は「総務省統計局 『家計調査』 品目別データ(平成17~19年平均)調べ」によるものです。全国の都道府県庁所在地を対象にした調査ですのでご了承ください。

食料品の支出額について、和歌山で特徴的なものを品目別でご紹介します。
まずは肉類肉類全体では大津市に注いで2位。生鮮肉は1位です(牛肉2位、豚肉14位、鶏肉11位)。逆にベーコンソーセージは最下位でした。和歌山人は生肉、特に牛肉が大好きなんですね。
対照的なのが乳製品。乳製品全体でも最下位、ヨーグルトが46位、チーズが最下位です。

魚類では、さばが1位、エビが富山に次いで2位、しらす干しが静岡、高知に次いで3位です。私もこの3つは大好物です。
野菜では、レタスにんじんきゅうりが最下位です。子供みたいですね。

果物は意外な結果が出ました。果物全体では46位。那覇を除けば最下位です。みかんこそ19位ですが、りんごいちごぶどうメロンは軒並み46位でした。和歌山では「果物はもらうもので、買ってまで食べるものではない」と皆思っているのかも知れません。生産額では全国1・2を争っているのに不思議ですね。また、果実・野菜ジュースも最下位でした。ここでも、「果物はそのままの方がおいしいから、加工して飲むものではない」と思っているのかも知れませんね。

加工食品では、梅干が圧倒的な1位。反対に納豆が圧倒的な最下位です。これはうなずけます。
意外だったのが、菓子類が46位だったことです。その中でも最下位が、ケーキビスケットスナック菓子チョコレートの4品目。多分倹約上手なのでしょう(悪く言えば「ケチ」?!)。

全国で見ると、めん類の1位が高松、しゅうまいは横浜、ぎょうざは宇都宮、たこは大阪、たらこは福岡と、ご当地の名産がちゃんとトップを取っています。そう言った意味では、和歌山はやっぱり「梅干」なんでしょうね!!

皆さんも、「となりの芝生」を覗いてみてはいかがでしょうか。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 14:49Comments(2)ネット

2011年12月01日

Google 年間検索ランキング2011発表!!

ブログ編集長です。

本日(12/1)、Googleは、「Google年間検索ランキング2011」を発表しました。1年を通じて検索数の多かった「総合ランキング」、昨年と比較して検索ボリュームが急上昇した「急上昇ワード」、話題の「人物」のランキングに加え、47都道府県別のランキングも掲載されています。

「和歌山」とともに検索されたキーワードランキングは、こちらに掲載されていますが、以下のようになっています。

1.みなと祭 花火
2.福山雅治
3.智弁和歌山
4.アドベンチャー ワールド
5.和歌山県 白浜


1位の「みなと祭 花火」は、毎年恒例、夏休みに入るとすぐ和歌山市で開催される「港まつり花火大会」のことでしょう。県内最大級の花火大会は、人でごった返します。私は混雑を避けて、少し離れた紀の川の堤防なんかでよく見たものです。

2位の「福山雅治」は意外でした。リンクをクリックしてみると、3月5日と6日に、和歌山ビッグホエールで開催されたライブの情報が出てきます。「まさか、どうして福山雅治が和歌山でライブ?!」という驚きや、1日で4件の和歌山ラーメンをはしごした話なども出てきて、改めて福山雅治の人気の高さを思い知りました。

3位の「智弁和歌山」は順当でしょう。和歌山県民は大の高校野球好き! 戦前は和歌山中学、海草中学、戦後は今年お亡くなりになった尾藤監督率いる箕島高校、そして最近は高嶋監督率いる智弁和歌山ですね。来年のセンバツは和歌山県勢はちょっと厳しそうなので、夏の大会に期待しましょう!

4位の「アドベンチャーワールド」も納得です。8頭のパンダは中国以外では世界一。赤ちゃんパンダだった双子の海浜と陽浜もすっかり大きくなりやんちゃ盛りで、かわいいことこの上なし。パンダファンならずともぜひ訪れてほしいところです。

5位は、「和歌山県 白浜」。アドベンチャーワールドも白浜町にあります。日本三古湯の一つに数えられる白浜温泉、真っ白な砂浜で、夏には海水浴で賑わう白良浜、三段壁や千畳敷、円月島などの景勝地と、一度は訪れてみてください。

他府県の結果を見れば、岩手・宮城は「地震」や「津波」、福島は「放射能」などのキーワードが上位を占めていて、大震災が日本に与えた衝撃がGoogleを通して知らされます。島根の1位「ジャイアン」(開星高校の白根投手のこと?!)なんかは面白いですね。また、過去10年間のランキングも掲載されていますので、こちらもご覧になってはいかがでしょうか。

私も、『ほっと!和歌山県』がランキングの上位に食い込むよう、頑張らないと…  

Posted by 広報ブログ編集長 at 22:27Comments(0)ネット

2011年11月04日

和歌山ぶらくり丁WSTVスマイルスタジオ出演!柿PR!

ブログ編集長です。

昨日(11/3)の午後8:00から、和歌山市のぶらくり丁商店街の中にある、ウォーカーステーションTV(WSTV)「スマイルスタジオ」にお邪魔しました。

ウォーカーステーションTVは、和歌山市の株式会社アークスさんが運営するインターネット放送局。その名のとおり、全国の歴史街道・古道やハイキングコース、さらには街歩きコースなどをネット動画で紹介したり、地域情報や食べ歩き情報などを配信したりしているインターネットサイトです。

そのWSTVが、新たに9月から和歌山市・ぶらくり丁に「スマイルスタジオ」をオープンしました。オープン時のレポートは、「新米課長日記(2011/9/17)~スマイルスタジオ オープン!」でご紹介しています。
ここスマイルスタジオでは、インターネットで動画生中継ができる「USTREAM」を使って、毎日午後8時から9時までの1時間、和歌山の旬の情報を生放送しています。


昨日の放送は、「和歌山インフォメーション」。番組は、和歌山出身の兄弟芸人「芸人すみたに」の2人と、国丘彩乃アナウンサーが進行役です。

芸人すみたにのお二人は非常にパワフルで、オープニングから元気いっぱいで、とても面白いです。国丘アナも二人をうまくあしらいながら番組は進みます。

この日のテーマは、「和歌山デートスポット★リアルナビ」。すみたに弟と国丘アナが、かつらぎ町の関本農園に行き、「柿狩り」体験をレポート!


かつらぎ町のゆるきゃら「かきおうじ」も登場!!


レポートが終わったところで、いよいよ私の出番!! 「♪和歌山の柿♪」の歌を歌いながら登場、3人と一緒に楽しいトークをさせていただきました。


ネット技術の進歩により、このような生中継が簡単にできるようになったのはすごいことです。これをうまく活用して、地域の元気を発信しているスマイルスタジオ。まだオープンしたばかりですが、和歌山から世界へどんどん情報発信していってほしいと思いました。今後も応援していきたいと思います。

なお、本日(11/4)の19:30までは、ご紹介した番組をWSTVスマイルスタジオで再放送しています。それ以降も、「過去の動画」からご覧いただけますので、ぜひご覧ください!!

リンクに飛ぶのがめんどくさい!!という方は、下の三角印をクリックしてご覧ください。
  

Posted by 広報ブログ編集長 at 01:40Comments(0)ネット

2011年09月16日

近畿地方整備局が台風12号河道閉塞箇所の映像配信開始

ブログ編集長です。

紀伊半島では台風12号による崖崩れで天然ダムがあちこちでできていますが、今日は雨。和歌山市でも先程14時過ぎから雨が降り出しました。和歌山県砂防課のホームページの「現在の降雨状況」を見ると、天然ダムのある田辺市熊野地区でも雨が降り続いているのが分かります。
※下のグラフは、田辺市熊野地区の9/16 15:10現在の雨量グラフ。


近畿地方整備局のホームページでは、昨日(9/15)の15:30から、台風12号による土砂崩れで河川がせき止められた5箇所の様子をリアルタイム映像で配信をはじめました。台風12号被災地関連情報でご覧ください。
(和歌山県の田辺市熊野地区の映像への直リンクはこちら

天然ダムの決壊が起こらないように祈るとともに、最大の警戒をしたいと思います。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 15:14Comments(0)ネット

2011年09月10日

Googleが台風12号で被災した紀伊半島の衛星写真を公開

ブログ編集長です。

昨日のITメディアニュースに「Google、台風12号で被災した紀伊半島の衛星写真を公開」という記事が掲載されていましたので、Googleのページを見てみました。

「台風12号災害情報」サイトの右パネルにある衛星写真にチェックを入れると、衛星写真の画像が表示されます。地図右上の「航空写真」ボタンをクリックすると災害前に撮影された航空写真の表示に切り替えることができますので、「衛星写真」のチェックをオンオフすることで災害前後の様子を比較できるようになっています。
田辺市熊野地区の崖崩れ現場の表示は以下の通りです。まず通常のGoogleマップ。


こちらが災害前の衛星写真。


こちらが災害後の衛星写真。


崖崩れ部分の右下を拡大すると、天然ダムが出来ている様子が確認できます。(下の写真をクリックするとさらに拡大写真が表示されます。)


現在はこのほかに和歌山県新宮市、那智勝浦町、和歌山市付近の衛星写真が公開されており、今後も追加されるようです。

また、このサイトでは、本田技研工業が提供している「自動車通行実績情報マップ」も見ることが出来ます。こちらは、GPSにより、過去24時間の車両通行状況を表示するものです。通行の目安に利用することが出来ますので、こちらもご活用ください。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 09:02Comments(0)ネット

2011年08月03日

県インターネット放送局で「NHK映像マップ みちしる」活用!

ブログ編集長です。

6月24日のブログ『各地の映像を地図で探せる「NHK 映像マップ みちしる」』でご紹介していましたが、7月24日に、「NHK 映像マップ みちしる」サイトがオープンしました。

早速使ってみましたが、結構おもしろいです。
サイトに訪れると、こんな画面になっています。


三角印が映像のある場所になっています。クリックすると次のような画面になって、映像を再生することができます。


さすがはNHKと感心するハイクオリティな映像が、しかも無料で楽しめるのはとても有り難いです。
また、撮影地や番組名、放送年などの基礎データや、紹介地の詳細情報なども表示されるようになっています。
和歌山県内の登録は今のところ7件ですが、NHKによれば、今後どんどん掲載映像を増やしていくということなので、楽しみです。

ご存じのみなさんもあるかと思いますが、実は、和歌山県のホームページにも Youtubeを利用した「和歌山県インターネット放送局」があって、県内各地で収録した映像や投稿映像など約340の映像を掲載しています。

そして、NHKの「みちしる」と同じように、地図で映像の場所を示す「その映像ってドコにあるの?」というメニューもあるのです。
こちらは、Googleマップを使った簡単なものですが、せっかくNHKが「みちしる」を公開してくれたので、このマップ上に「みちしる」アイコンを作って、一緒に掲載してみました。
その画面がこちら。


青色のアイコンが今までのインターネット放送局の映像、オレンジのアイコンが「みちしる」の映像のある場所です。
ここでオレンジのアイコンをクリックすると、下の画面のような吹き出しが出て、「みちしる」サイトにアクセスできるようになっています。


これまでの、県インターネット放送局の映像に加え、NHKの高画質で豊富な映像を加えることにより、さらにサイトの魅力をパワーアップさせようという取組です。

みなさんも「みちしる」と和歌山県インターネット放送局で、和歌山の魅力を体験してみてくださいね!  続きを読む

Posted by 広報ブログ編集長 at 15:16Comments(2)ネット

2011年07月10日

印南町がtwitterをスタート!

ブログ編集長です。

最近twitter(ツイッター)を使って情報発信する自治体が増えてきましたが、何と印南町が和歌山県のトップを切って7月4日にtwitterを始めました。


印南町は、以前にこのブログで、「若者に夢を! 印南町の若者応援政策3連発!」とご紹介したことがありますが、今度はtwitter を始めたのですね。

少し覗いてみると、イベント行事の告知や、先日の地震の速報、施策の説明などどんどん書き込んでいます。私も先日、楽天主催の全国自治体職員のネット活用勉強会に出席してきましたが、ブログやtwitter、facebook(フェイスブック)などのソーシャルメディアを使う自治体の事例を聞いたり、情報交換したりして、大いにその可能性を感じているところです。

インターネットやソーシャルメディアを使ったPRはこれからどんどん進んでいくと思います。和歌山県も負けずに頑張っていかないとだめですね。印南町のtwitterアカウントは、@inamichou です。
リンクは、http://twitter.com/inamichou です。

  

Posted by 広報ブログ編集長 at 00:01Comments(0)ネット

2011年06月24日

各地の映像を地図で探せる「NHK 映像マップ みちしる」

ブログ編集長です。

昨日(6月23日)の朝日新聞Web「asahi.com」に、『日本各地の映像を地図で探そう!「NHK 映像マップ みちしる」オープン』という記事が載っていました。

記事によると、このサイトでは、日本地図上に置かれたアイコンをクリックすると、3分前後の動画を無料で、会員登録もなく、誰でも視聴することができるとのこと。

調べてみると、NHKのプレスリリースを発見。こちらには画面イメージや操作方法も記載されています。(PDFファイルです。下の画像をクリックしてください。)


サービスは7月27日に開始、当初は400本からスタートし、年度末には1500本になる予定とのこと。
地域の映像情報をすぐに検索することができるので、とても便利なサービスだと思います。サービスが始まるのが楽しみです!

「NHK 映像マップ みちしる」のURLは以下のとおり。(7月27日オープンなので念のため。)
http://www.nhk.or.jp/michi/  

Posted by 広報ブログ編集長 at 17:10Comments(0)ネット

2011年05月30日

新サイト「わかやまの話題」のご紹介!

ブログ編集長です。

以前、和歌山市駅前に「孫市城」?!というタイトルでご紹介した、「孫市の会」会長の森下幸生さんからメールで、新しいサイトを立ち上げたとのご連絡をいただきました。

今度のサイトは、ずばり「わかやまの話題」。あまり知られていない和歌山の話題や、和歌山のために頑張っている団体などを紹介するページです。私たちのような広報マンにとっては、ネタが豊富なおもしろいサイトになっています。現在のトップページは、「歴史を語るデザイナー」と題して、海南のリサーチラボに事務所を構えるデザイナー・角田誠さんを紹介しています。角田さんは、Ustreamで歴史関係の番組を配信しておられるユニークな方です。みなさんもぜひごらんになってください。

また、ブログ編集長が作った「♪和歌山の柿♪」の歌も宣伝してくれています。お気遣いありがとうございます!

今後とも、私たちの知らない情報をどんどん教えてください。




  

Posted by 広報ブログ編集長 at 13:18Comments(0)ネット

2011年05月28日

日経Web「おとなのOFF」に「たま駅長」紹介!

ブログ編集長です。

5月25日の日経新聞Web版で、和歌山電鐵のスーパー駅長「たま」が紹介されています。
全国のローカル鉄道の動物駅長特集で紹介されており、他に山形鉄道フラワー長井線・宮内駅のウサギ駅長「もっちい」や、兵庫県の北条鉄道・北条町駅の2匹のニホンザル駅長「ねひめ」と「らかん」などが紹介されています。みなさんも是非のぞいてみてください。(ちなみに、日経Web版をご覧になるには無料の会員登録が必要ですので、あしからず。)

しかし、わが和歌山のスーパー駅長「たま」は別格ですね。何と言っても「執行役員」ですから!
皆さんも、和歌山にお越しの際には、ぜひ「たま電車」に乗って、スーパー駅長「たま」に会いに来てみてください。

和歌山県総合情報誌「和(なごみ)」Vol.14より)
なお、日曜日は「たま」はお休みで、着ぐるみの「たま駅長代理」が対応いたしますので、よろしく。

詳しくは、和歌山電鐵ホームページをご覧ください。  

Posted by 広報ブログ編集長 at 16:56Comments(2)ネット